根気よく使って男性型脱毛症対策!

BUBKAは元々男性型脱毛症であるAGAの対策に有効な育毛剤として人気なので、それが原因で起こるM字型や生え際の脱毛にも対応できます。

 

しかも、これまでAGA治療に使われてきたプロペシアやミノキシジルといった、刺激が強く副作用も懸念される薬とは違い、天然由来の成分ばかりなので副作用の心配がないので安心です。

 

育毛剤を選択するにはまずはその原因をしっかりと把握していることが必要です。詳しくは医師の診断がベターなのですが、自己診断でも多少はわかるものです。そこで、ここでは日本人男性薄毛問題で一番多い原因のAGAについて簡単に紹介します。

 

AGAについて知る

 

AGAはAndroGenetic Alopeciaの略です。男性型脱毛症のことで、特に男性によく発生する症状ですが、最近は一部女性でも発生している報告が出ています。

 

AGAは男性ホルモンが2型5αリダクターゼという酵素に影響されて発生したDHT(ジヒドロテストステロン)が毛根の細胞分裂を妨げます。分裂が妨げられると髪の毛が正常に成長せず、細く抜けやすくなってしまいます。新しい髪の毛の成長サイクルも短くなり、全体的に薄毛が進行します。

 

これまではAGAは成人男性だけのものだと思われていましたが、ストレスや生活習慣が変わり、早ければ高校生くらいで発生する人もいます。薄毛に気がついたらできるだけ早く医師に相談をするべきですが、時間がなければBUBKAで対策を始めましょう。

 

育毛活動は早く始めれば始めるほど、その後の髪の毛の成長に与える影響が変わってきます。

 

生え際やM字対策にBUBKA

 

AGAの症状は額の生え際や頭頂周辺から始まります。中でも生え際は男性ホルモンと2型5αリダクターゼが多いのでDHTが多量で生成され、脱毛しやすくなります。AGAの男性の多くがそこから薄毛に気がつくようです。

 

薄毛に気がついたらすぐにBUBKAです。BUBKAがAGAに効果的なのはDHTを抑制する成分が多く含有されているからです。例えば、BUBKAの主成分である、海藻などから生成されるM-034は毛包に直接働きかけて抜け毛を抑制する働きがあります。天然由来なので副作用もなく、肌に非常に優しいので安心です。

 

ほかにもたくさんのDHT抑制成分が含まれていますので、育毛剤、サプリメント、シャンプーといったBUBKAラインナップで育毛をすれば、生え際やM字型の脱毛を軽減し、育毛も可能です。