「効かない」「買ってはいけない」は信じる根拠なし!

ネット上では公式販売サイト以外にもBUBKAの情報をあげているものは星の数ほどあります。褒めているものもあるし、中には効果に疑問を呈するものもあります。どれを信じていいかわからないですし、まだ実際に試していない人にとっては悪い情報の方が目についてしまいますね。

 

しかし、BUBKAの効果が嘘だとか誇大広告だとかいう情報は、まあ、信じる必要はないですよ。根拠のない誇大宣伝だという方が実は根拠がなかったりします。とりあえず本当のことを書けば、100%、100万人が使ったら100万人に効果があるわけではありません。

 

ですので、効かなかったという人も決して嘘だとは言いませんよ。しかし、ほとんどのケースにおいて、薄毛とBUBKAの根本的な知識が欠けていたから効かなかったというものばかりだったりします。

 

薄毛対策をする場合

 

まず、薄毛対策をする場合は自分がどういった原因で薄毛になったかを把握しておかなければなりません。育毛剤はどれもそれぞれに目的があるので、それに合っていないと効かないのです。例えば、BUBKAではどちらかといえばAGAに対応する育毛剤だと言えます。

 

AGAというのは薄毛に悩む日本人男性の9割の原因だと言われる男性型脱毛症のことです。男性ホルモンの影響などが原因と考えられ、発症部にはDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度に検出されます。このDHTが髪の毛の成長期を妨げ、髪の毛の成長サイクルを短くする原因物質なのです。

 

AGAの進行はゆっくりなので、気づいたときには大変なことになっていることも多いです。もしAGAが原因でない薄毛であればBUBKAの効き目は弱いですから、ちゃんと原因を把握して育毛剤を選択していれば、体質の問題がない限り、大きな効果が期待できます。

 

ほかにも髪の毛の成長サイクルを理解しておこう

 

髪の毛の成長サイクルもしっかり把握しておきましょう。このサイクルのどの段階かがわかれば、BUBKAの効果がどのように発揮されるかがわかってきます。

 

髪の毛は成長期→成長減速期→成長休止期→発毛期の順で成長し、そして、抜け落ちます。これが大体1周3ヶ月くらいのペースで回っていくのですが、場合によってはBUBKAの効果で休止期が短くなり、抜け落ちようとしていた古い髪の毛がすぐに抜けることもあります。

 

これを初期脱毛というのですが、意外にこれを理解している人が少ないのです。これは新しい髪の毛が生える発毛期に急いで移行した結果なので、いい兆候でもあるのですが、知らないと抜け毛が増えたと勘違いするのです。

 

よって、BUBKAを始め、どんな育毛剤でも最低3ヶ月は使い続けないと本当の効果がわかりません。ネット上のBUBKAの批判は大抵これらの知識を知らない方が書き込んでいるだけなので、耳を傾ける価値はありません。